2008年07月06日

古生物学会年次総会

この記事はこちらに移転しました。

古生物学会年次総会
http://blog2.shisochou.net/article/20080706.html
posted by 始祖鳥 at 21:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然史
この記事へのコメント
メモ追加。

・哺乳類の寛骨の形態学的考察
 異なる種の間で起こる収斂についての考察
 哺乳類の異なる系統における環境に対する適応因子(地上性、樹上性、遊泳性、滑空性、etc)

 ある特徴が系統を反映するものなのか単なる適応の結果なのかを考える上でこの考察は非常に興味深いものでした。
Posted by 始祖鳥 at 2008年07月06日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16693407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック